こんにちは。
vivo daily stand 赤坂店です。


まん延防止等重点措置に移行後1週間が経過しました。


お知らせ通り、現在は以下に則って営業しております。

1D5F794A-DC73-49FA-9F1E-3A3167AEEC92




酒類提供における細かなルールもございますのでご来店前にご確認いただけると幸いです。





🔹店舗で実施している感染対策🔹

✅4箇所にアルコール消毒液設置

✅常時出入り口ドアの開放

✅使用後のカウンターはアルコール消毒

✅スタッフのマスク着用

✅会話時のマスク着用のお願い

✅感染防止徹底宣言ステッカーの提示

✅コロナ対策リーダー登録、研修修了



上記に加えて

✅座席間にアクリル板設置




座席間を1メートル以上保つためには、5席ないし4席まで減らさなければなりません。





本来、8席で始めた店舗で席数を半分にすることは厳しいと考え6席に留め、各席にアクリル板を立てることで対応します。



ご不便なこともあるかと思いますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。



尚、入り口の樽を囲うテラス席は1〜2名様でご利用いただけます。


























座席といえば
「横並び」を観察することがあります。

誰がどの位置(席、ポイント、スポット)を求めるのかが気になってしまうのです。




電車、図書館、男性用トイレ、チェーンのコーヒーショップ、ファストフード店、屋外ベンチ、その他飲食店



その人が何故その位置を選んだのか、想像することが面白いです。




電車や男性用トイレはわかりやすいです。
考える必要もないくらい。





逆に飲食店は未だにわからない👀


私の活動範囲内で
飲食店では圧倒的に角2席(端から2番目の席)を好む人が多い印象です。

行きつけのお店どこに行っても大抵角2は埋まっています。


この心理現象は何なんでしょう??👀
調べても出てこない👀



vivo赤坂では開店後2年間は入り口側角席がアイドル級の存在でした。
ここが空いていなければ入店しない、という方もいたほど。。


しかし現在は

奥側角2の椅子取りゲーム化。
こちらが手綱を握らないと知らず知らず奥側角2に吸い込まれてしまうような、そのカリスマ性に驚かされる日々👀



(常連席・固定席のようなものは一切ありません!ご安心ください!)






状況次第で好みはさまざまかと思いますが、私は無条件で端が好きです。




角にスッポリ嵌る感覚が落ち着くのでしょう。




端というと2極化しますよね。
左右なら「右」、手前奥なら「奥」です。



ちなみにvivo赤坂だとこの位置
95379854-2E8A-4616-BD96-995E588EB25B



奥角席です。


あ、ちなみにさりげなく乗っているのは
398894E5-5432-4313-938E-8ED9409D6FEA


【豚すね肉の黒ビール煮込み】
440円


先週から開始の新デリ🍖

バターライス(220円)との相性◎
食事としてオススメです。



3CDE96A2-5834-4F91-8692-E9536F952727



営業後にこの場所で一息つくことが緊張を解くルーティン。





同じく端好きな方、いらっしゃいます?






スタッフと共通の価値観を持つコミュニティ枠があっても良い、かも。
そんな端っこを愛する会員、大大募集中です🍻




--------------------------------------
赤坂店
淹れたてのコーヒーでホット一息どうぞ☕
ホットコーヒー  400(440)
カフェオレ   500(550)
---------------------------------------
☆女性限定お得なレディースセット☆

950円(1045円)
毎日20:00 まで!
デリ2品+ドリンク1
   or
デリ1品+ドリンク2

vivo daily stand 赤坂店
港区赤坂5丁目5番15号アカシヤビル102号
tel : 03-6441-3840
hours : 12:00〜20:00


◼︎お問い合わせ akasaka@vivo.tokyo